増税勢力多数の中で...

財務省とマスコミの増税大合唱、ミスリードがもの凄く勢いづいているなか、

ネットを通じ、気鋭の論客達が反論を繰り広げていて、これがまた、応援したくなる!

オバサンとて、安倍包囲網をなんとかならぬものか...と、ジリジリしております。

 

またぞろ、ここで財務省にしてやられてはイヤ。

ここで安倍さんが屈してしまうと、この国はとんでもない状況に追いやられるのは必定。

なのに、それをわかっていて、なぜ、ここで消費税増税を言うの!?

 

 

DSCN0401.JPG


そんなものは、景気がよくなってからでも遅くはありません。

 

それよりも、増税派の財務省のあなたたち!

増税派の議員のあなたたち!

マスコミのあなたたち!

税と社会保障の一体改革というお題目の片割れはどうなったの...?

 

私は首相官邸へのデモには行けないので、

せめて、ここで、言わせていただきます。

市井のオバサンは、私だけでなく みんな怒っています。

怒りつつも、

嘘の報道に迷わされ、いつものように諦めかけているのですが、

安倍さんが男になれるかどうか、

10月1日という決断の日を見守っているのです。

 

日本の女性はおしなべておとなしく、極端な行動を出来ずにいますが、

少しずつ、日本の現状に気づき始め、

私の回りでは、

なんとまぁ、竹中平蔵の不人気なこと、菅直人と同じくらいイヤがられています。

 

 

ところで、

議員の定数にしても、たった5席しか減らしていないでしょ。

「身を切る改革」とか言って、

国会議員の歳費と公務員の給与を少しだけ減らしたけれど、

確か、これって、2年限りのことでしたね。

と、いうことは、来春から元に戻るわけでしょ。

とんまな身の切り方と、東北の復興のバランスを比較すると、お話になりません。

 

ほかにも、外国人留学生に対する安易な金銭協力(年間およそ160万円)、

外国人に対する安易すぎる健康保険証取得の問題、本丸ともいえる生活保護、

年金問題...などなど、消費税増税に着手する前に、たくさんの約束がございますでしょ。

解決せねばならぬ問題が、多数ありましたでしょ。

あなた方! 「国民の記憶力」を、舐めてはあきまへん。

 

以下、倉山満さんのサイト【倉山満の砦】より、転載。

彼は人として、男として、国民として大奮闘していらっしゃいます。

表現的に女性向きではありませんが、日銀の白川総裁に関しての的確さなど、

よいセンスをお持ちなので、よく拝見に上がっております。 

 

DSCN0465.JPG

DSCN0466.JPG

 

民主党が政権を取って以来、政治が気になって仕方ありません。

「お任せ民主主義」がダメだったことを痛感しているせいか、

また、古い自民党に戻っては困ると、ヤキモキしております。


★佐藤春夫さんがおっしゃったように、

「佳き作品は、よき時代に生まれる...」と、私は信じているのです。


日本文化の継承が儘ならぬ昨今、

【日本を取り戻す!】と言った安倍さんに、ここで男になっていただきたい!

来月のある日、晴れやかなる笑顔で、

「国民のみなさん、私は覚悟いたしました。

 インフレ率2%がしっかりと安定するまで、

 私は消費税増税をいたしません!! まずは国内の問題を片付け、

 国民のみなさんに安心していただき、東北の復興を早め、災害に備えます。

 放った矢で経済を立て直し、オリンピックを成功させなければなりません。

 消費税に関してはですね、みなさんの所得が増え、安定が継続した状況で

 日本が強くなった時に、上げるべきだと 私は考えます!!」

(いいぞ!拍手喝采!!)


なぁんて、勝手な妄想で、本日終了。


それにしても、

増税派に回って変節した麻生さん、人相がグッと悪くなりけり...で、残念。


深夜なのに、コーフンしますなぁ...。

明日は、

陰陽五行ふりかけの原稿で、またまた個人的にコーフンしちゃうのでしょうね。

 

おやすみなさいませ。


(終)

最新コラム

このページのTOPへ