体制が変わる時...

会社の基本的な体制が変わると、

即、社内の体制が変わり、社員の態勢、体勢さえも変わる。

どんな変化にも対応できる力がないと、また努力がないと、ついて行けなくなってしまう。

デフレが長い世の中で、グローバル思想が蔓延ってしまうと、なかなか大変なのである。


DSCN0461.JPG

 

 

さて、

ハースト婦人画報社さんでは、このほど体制が変わり、

在庫の必要な「書籍部門は撤退」されることとなったそう。

本日、ご担当部署の部長、ご担当女史が丁寧なるご挨拶に見え、お聞き致しました。

 

そして、お二人の帰られし後、

よそ事ながら、人心の某かが必要...?と、感じ入る次第。

先日の、プロ野球コミッショナー退任劇のように、

本人以外は、世間がちゃんと分かっているものです。

長きおつきあいを経て、外野席からの評論が去来する午後、

 

ご挨拶に見えたお二人のお人柄、表情の明るさ、身体の向き、佇まい、

これが実によくて、なぜか明るい気分にさせていただいたのが、初秋の収穫。

活気のある方々は、「笑顔が素敵...」ですね。

私は、実際に起きたこと、思うことを独演会させていただきましたが、

  

ま、そんな訳で

秋に増刷予定だった、「着物美人になる!ヘアスタイル」は、お蔵入り。

 

中古本の価格がますます上がってしまうのが気がかりですが、

まだほんの少し、2刷りの一部が残っているようなので、ご入り用の方は、

こちらの方をよろしくお願い致します。 (表紙が違うだけで、中身は同じです)

 

取り急ぎ、本日は、お知らせまで。 

 

 

(終)

 

 

 

 

 

 

最新コラム

このページのTOPへ