影響の記憶...1

4月20日以来、自称・面倒くさい症候群が続いている。
 
時々、まだらにマメになる以外は、
コーヒーもインスタントに決めていて、
まじめにコーヒーを淹れるのは、お客様の時のみ。
 
自称・面倒くさい病は、
キャップの開封だけは面倒臭がらずに神経を使う...。

DSCN9457.JPG
小さな穴は、大昔、テツがこだわっていた中蓋の開け方。
 
神経質な癖に大雑把な私は、
当時、ゴールドブレンドの中蓋を、ピロリと全部、はぎ取っていた。
 
 
「全部取っちゃったの?! ハァ〜」(笑)
 
以来、私はテツと別れるまで中蓋を開けさせて貰えなかった。
 
でも、小さな穴には良い点があって、香りが飛びにくいの。
 
テツは大男の癖に、繊細だった。
男気があって意地悪でオシャレで私より小食だった。
 
年を取ると、色々な思い出が溢れてくる...。
 
 
陰陽五行の原稿、さすがに焦って書いています。
 
 
(終)

最新コラム

このページのTOPへ