たこ料理フェア〜

ずいぶん昔のこと、
セクシー系の女性タレントさんが、
 
「私の体は、ワインでできているの...」
と、体をクネクネさせて微笑んでいた。
 
オバサンの私とて、 
今日こそは、体をクネクネさせて微笑みたい。
 
そして、
骨をボキボキいわせながら言うのは、
「しばらくの間、たこ料理フェア〜なんです!」



DSCN9410.JPG
アタマと足先は、茗荷の千切りと共に酢味噌で...。

DSCN9353.JPG
一番好きなお刺身で、
炊きたてのご飯、鰻の佃煮、、手作りの梅干しちびちび...。

DSCN9377.JPG
たこの足の吸盤をそぎ切りにし、身の部分と分け、
軽くバターを暖めたフライパンで、サッと火を通し(弱火)、
最後にブランディーで軽くフランベして出来上がり。
(火入れ時間を短く、短く...がコツ)
 
付け合わせのレンコン、行者ニンニクもバタ?炒め。
いずれも、味付けはシンプルに塩胡椒。 
青柚子またはスダチを添えて...。

DSCN9422.JPG
たこの天ぷら。 色々試し、衣は厚めが美味でした。
ジャンク風の、ウスターソースが絶品!
 
私のお勧め、ブルドッグ「スーパープレミアムソース」と好相性!
あまりの美味しさに、2度も揚げてしまう揚げ物好き。

DSCN9396.JPG
幾日か前に仕込んでおいた「新生姜の酢漬け」の漬け汁に、
板ずりした胡瓜をすり下ろし、
水気を絞ったものを合わせます。
 
胡瓜入りの合わせ酢に、茹でたたこを加え、冷蔵庫で30分。
 
※この酢漬けの中の新生姜は、角切りにしているところがミソ。ちょっと見、タケノコのように見えますが、歯ごたえ好評。
 
 
そんなこんな、
コーフン続きのフェアでしたが、
三日目の朝、カルパッチョで完食の巻。
 
 
ごちそうさまでございました。


 
 
(終)



最新コラム

このページのTOPへ