来年も予約ねっ!

帯状疱疹のお見舞いをいただいた折り、
 
「ママ、私のゴーヤと胡瓜、予約ねっ!」
 
と、お願いする。
 
はたして6月早々、電話が鳴る。
 
「せんせ、今朝、ゴーヤと胡瓜を採ったのね、今日中にそちらにお届けする方法あるかしら...?」
 
「あーん、ママ、覚えていてくださったのね!ありがとうございます!」
 
うふ、
 
かくして、半日ほどで、死ぬほど美味しい一箱が、ヤマト運輸さんの本日便に乗って登場してくれたのです。


DSCN8982.JPG

深めの箱にぎっしりと詰まった、手作りの新鮮野菜...。
 
この頃、静養を余儀なくされていた身にとっては、
一番上に載せられた小さなゴーヤと、大きな胡瓜の瑞々しさを見て、本当に嬉しかったのです。
 

DSCN8988.JPG
メリメリと箱を開けた途端、愛情がムンムン!
 
自由が丘のママにはお新茶などの気持を用意し、ヤマトさんに託しましたが、甘え下手の私が唯一甘えられるのがママのゴーヤと胡瓜です。

ご近所の友人にも新鮮なうちに...!と、電話し、
ゴーヤチャンプルも分け合って幸せな夜、
(私は3杯お変わりしました!)
 
残りのゴーヤとジムに行くと、
 
ちゃんと手料理している女の子に会えました。
 
「こちらで最初に会った方に...って、採れたて最後のを持ってきたのよ」と、手渡すと、
 
「わぁ、ありがとうございます!今夜は沖縄の缶詰があるので、チャンプル作ります!」
(なんて、いい子なんでしょう...)
 
そして、
 
後日、彼女の作ったチャンプルをスマホで拝見...。律儀。

DSCN9005.JPG

料理する同士の、甘やかな時間が流れます...。
 
「苦すぎなくて、本当に美味しかったです!」
 
「そうよね、私、来年もママに予約しちゃお!」
 
「あっ、私も予約...!」
 
なんて、間のよい女の子なのでしょう。
 
 
昨日のママからのお電話で、
 
あの日の匂いが蘇ってきました...。
 
女の子の可愛らしさも...。
 
 
体調崩したり、パソコン壊れたり、写真がたまり放題ざます。
 
明日、
七夕の写真をアップするなんて、相当、間抜けね。
 
 
 
(終)

最新コラム

このページのTOPへ