陰陽五行的・6月のありよう(壬・癸)

「壬」「癸」の方にとって、
財的にはまずまずだった4月・5月を越し、
6月は、一気にエネルギーが減力してしまいます。
日頃、
コツコツと仕事を積み上げていらした方は
さほど心配ありませんが、我が儘な仕事ぶりの方は、
周囲から思い切りバッシングを受けてしまう時期。
ただし、
状況的に間違いのない努力の仕方ができていれば、
営業的には、ある程度の線をクリアできる月。

DSCN9955.JPG「壬」の方の6月は、
周囲の評価を得にくい時期となり、
バッシングをドン!と受ける時期となります。
こういう時期は、誰にでも訪れるため、
勉強の時期と割り切り、優先順位を決めて仕事するなり、
学ぶなり、交流しあうなり、
とにもかくにも、
お勉強の時期と割り切って下さいませ。

6月は体力も落ち、お仕事で苦労される時期ゆえ、
こういう時期は、何よりも時間配分が大切と心得られ、
効率的なお仕事の仕方を考えてほしいもの。
時に、怠けたり、逃避もありですが、
それはそれで、7月が更に苦しいものとなりゆきます。

知能の働きのある「壬」ですから、
自分の気分や感情を優先させず、
工夫によって、辛い時期をしのいでほしいもの。
8月からは、ヤッホー!な時期が続きますからね。

言動注意の日:7日、8日、17日、18日、27日、28日、
逆ギレ注意:13日、14日、23日、24日、
受け身の日:21日、22日、

DSCN9936.JPG「癸」の方の6月は、
「壬」の方と同じく周囲の評価を受け難く、
些細なことでバッシングされる時期となります。
逆風の吹き荒れる時期ですから、
特別なこと以外、人としての尊厳にかかわること以外は、
何事も、
「受け身の術」「気配りの術」「まじめに働くの術」の
三位一体で乗り切って下さいませ。

日頃、
陰日向なくまじめに仕事をされる方は心配ありませんが、
そうでない方は、
6月は、周囲からの憤懣がドカン!と吹き出します。

しばらくは肩身の狭い思いをされたり、
理不尽なことを言われるやもしれませんが、
そんな時、お得意の「フン...!」という態度を取らぬよう、
何卒、ご注意のほど。
8月からは良き風が吹きます。
いつまでも、「辛い時期」は続きませんのでね。

注意の日は、「壬」の方と同じ。

最新コラム

このページのTOPへ